投資マンション初心者でも大丈夫!資金計画や修繕計画、資産形成が学べるセミナーに参加

集合住宅

投資用のマンションとは

建物

東京で投資マンションを購入するメリットとして、賃貸需要の多さが挙げられます。空き部屋となるリスクを抑えることが可能となるわけです。さらに今後増えると見られる短期売却においても、買い手探しには不自由しないメリットがあります。

» 読んでみよう

知識を身に付ける重要性

案内

マンション投資で成功するためには、セミナーに参加し知識を得ることが重要です。知識を身に付けることで失敗リスクを大きく下げることができるほか、効率的に資産を増やすことが可能になります。資金計画や修繕計画、資産形成が学べるセミナーに参加し、成功する投資家になりましょう。

» 読んでみよう

機会によっての活用

講義

マンション投資セミナーでは、実践的な知識を得ることができます。図やグラフなどで、不動産投資の状況などを視覚的に理解することも可能となります。セミナーなどの様々な知識を得る機会を得ることは、とても大切なこととなります。

» 読んでみよう

新しい不動産投資方法

グラフ

専門会社が運営

不動産に投資する商品といえば、自らオーナーとなり賃料を収入源として得る不動産経営やリートなど投資信託に導入されている不動産投資があります。そしてさらに新しい投資マンションの経営方法が発売されています。これは投資信託のリートのように不動産購入のための資金を募り、運営会社はこの資金をベースに投資物件を購入し賃貸経営を行うものです。投資信託と似ていますが、違いは、運営会社と直接契約することです。そのため手数料などが安く済むことです。しかし不動産への専用投資であるため、不動産プラスアルファの投資ではなく純粋な不動産投資のみとなっていることも投資前に認識しておく必要があります。管理や運用は初心者では難しくスペシャリストに任せることができるメリットがあります。

購入よりリスクが少ない

投資マンションを自ら経営しようとする場合、それなりの知識と経験が必要になります。いくら投資マンションの経営がしやすくなったとはいえ物件の探し方や管理方法など素人では難しい面もあります。そのため専門の会社に依頼したりしますが、その際、手数料などもかかります。また投資マンションの購入は高額であるため、簡単に購入することはできません。ローンを組んで手持ちの資金が少なくても購入できますが、長期ローンを組むことにためらう場合もあります。不動産資産を残すこともできますが、現金化するのに時間がかかる難点もあります。新しい不動産投資は口数購入です。一口10万円など手ごろに投資できるところも魅力であり、利回りも3%ほど確保できます。